初デートでも困らない会話術


デート中の会話に困らない方法と準備

 

初デート,会話

 

「初デートでも気を使わない、普段と変わらない、どんなシーンでも自然な会話で相手が楽しんでくれる、そして喜んでくれる会話術」

 

 

異性と話をする事があまり得意ではない方は、初デートでの会話がうまく出来るか不安な気持ちになるはずです。

 

たとえ話す事が得意な人であっても、大好きな人を目の前にすると緊張してしまうものです。

 

つまり、大好きな人の前では誰もが緊張し、初デートでの会話がままならない状態になる可能性が高いという事です。

 

 

しかし、初デートでの会話は非常に重要。

 

 

なぜなら、お互いが相手の事を「もっと知りたい」と思っているから。

 

初デートで楽しく上手に会話ができれば、「相性がいいかも」と思ってもらえたり、相手の気持ちは「もっと話したい」「もっと一緒にいたい」と良い方向へ変わっていきます。

 

しかし、楽しく上手に会話が出来なかった場合、「相性悪いかも…」「何を考えているかわからない…」「もう会いたくない…」など、悪い方向へ変わっていく恐れがあります。

 

一度気持ちが離れてしまうと、その関係を取り戻すには時間も体力も気力も使います。いえ、もう何をしても取り戻せないかもしれません。

 

出来る事なら、初デートだからと気を使わずに楽しく上手に話せる会話術を身に付けたい。

 

そう思うなら身に付けてしまいましょう。

 

このページを読み進めると、きっとそれが簡単な事だと気が付くはずです。

 

  1. テクニックは必要ない
  2. 自然な会話が最も重要な理由
  3. 「自然に」を作り出す方法
  4. 初デートでも困らない会話術
  5. まとめ

 

相手を楽しませながら自分も楽しむ会話術を身に付けるのは、そんなに簡単な事じゃないと感じているかもしれませんが、上記を順に読み進めていくと思ったよりも簡単な事に気が付くはずです。

 

正直な話、そんなに難しい事ではありません。

 

あなたは、仲のいい友達と話をする時に緊張しますか?家族との会話に気を使いますか?

 

初デートでも、普段と同じように会話が出来れば楽しい時間を過ごせると思いませんか?

 

初デートでの会話となると、あなたは普段より魅力を感じて欲しいと思い、いつもと違う自分を演じてしまうかもしれません。

 

 

しかし「演じれば演じる程」相手は距離を感じてしまう恐れがあります。

 

 

ありがちなケースは、相手を大切な存在だと感じているからこそ、自分が「カッコ悪い」「可愛くない」「恥ずかしい」「子供っぽい」と思われる事を避けるのに一生懸命になり過ぎて、結果的に自分が疲れてしまう。

 

 

つまり、良いところを見せようとし過ぎてしまうということ。

 

 

初デートでそれをやってしまうと、これから先も演じ続けなければならなくなります。

 

何が言いたいかというと、普段通りの相手を引き出す事と、普段通りの自分を理解してもらう事が一番大切だということ。

 

その方法を知っていれば初めからこのページに辿り着く事はなかったと思いますが、もう大丈夫です。

 

うまく会話ができるかどうかの悩みがある方、不安のある方、自信の無い方、その他の会話をどうすればいいのか困っている方の為に、初デートの会話で困らない方法を説明していきます。


1.テクニックは必要ない

初デート,会話

 

このページで紹介する会話術は、世の中にありふれている

 

「相手にどう思われるか?」

 

という視点での会話術ではありません。

 

相手にどう思われるかを意識した情報は、

 

  • 「こんな質問は避けよう!」
  • 「シーン別の会話術」
  • 「女性はこんな話が好き!」
  • 「男性はこんな話が好き!」
  • 「プライベートな会話は気を付けて!」

 

など、「初デートではこのような会話は避けましょう!」とか「困った時はこの話をしよう!」というものが多いのです。

 

きっとあなたもそのような会話術の情報を目にした事があるのではないでしょうか?

 

どの情報でも言える事は、相手のタイプを無視した会話術や、相手のタイプをあらかじめ決めた会話術の説明で、一部のシーンでしかマッチしない会話術がほとんどです。

 

このようにありふれた情報の会話術では、成功と失敗の両方があって当たり前。

 

失敗する可能性があるからこそデート当日に緊張してしまい、会話が弾まない。

 

更には、ありふれた会話術だけを頼りにして不安が拭えずに「かっこ悪い」「可愛くない」「恥ずかしい」「子供っぽい」を意識し過ぎてしまう原因にもなります。

 

そんな状態では大切な初デートは成功とは言えない形で終わってしまいます。

 

でも大丈夫です。

 

これから紹介していく会話術は

 

 

「相手のタイプに合わせる必要もなく、普段の相手を引き出し、男女問わず、自然に会話が出来る方法」

 

 

です。

 

これまであなたが目にした情報や聞いた情報はどのようなものでしたか?

 

テクニックやシーンごとの会話術がメインではありませんでしたか?

 

このページでこだわりたいのは小手先の会話術を身に付けるのではなく、「自然に会話が盛り上がるようにする事」です。

 

出来る事ならあなたの中にあるテクニックや小手先を駆使する会話術は全て一度忘れてください。

 

なぜなら、あなたの「魅力」はテクニックや小手先だけでは全て伝わらないから。

 

本当の魅力とは、たとえ多くの欠点の中に埋もれていたとしても、必ず輝いて見えるものです。

 

魅力を伝えようとがむしゃらに演じてもあなたが辛くなるだけ。

 

 

「自然に」がものすごく大切。

 

 

あなたの魅力も自然に伝わるんです。つまり、テクニックは必要ありません。


2.自然な会話が最も重要な理由

初デート,会話

 

「いつもよりかっこつけて話せば普段のかっこつけていないあなたを知ってがっかりするかもしれません。」

 

「いつもより面白い人を演じれば普段の面白くないあなたを知ってがっかりするかもしれません。」

 

「いつもよりカワイイ声で話せば普段のあなたの声を知ってがっかりするかもしれません。」

 

芸能人や有名人によくある話ですね。

 

普段は華やかに見える人が実は…といった情報。

 

芸能人やセレブのゴシップ情報を追い求める人はわかるかもしれません。

 

  • 「普段の姿を見たい」
  • 「プライベートを覗きたい」
  • 「テレビとは違う姿が見たい」

 

これは、普段からテレビの中で輝かしい活躍をしている芸能人などの有名人の意外な一面や素の一面を知りたいという心理的な興味です。

 

暴かれた情報の内容によってはファンががっかりする事もありますし、場合によってはその後、テレビの世界で仕事が出来なくなる人もいるでしょう。有名人が抱えるリスクですね。

 

そうです。

 

 

「演じれば演じる程リスクが増す」

 

 

演じずに、偽りの無い自分で自然に会話をすることがすごく重要なんです。

 

これからも大切にしたい相手であればなおさらです。

 

「自然に」を意識して身に付ける事が出来れば、他の会話術は殆ど必要ありません。

 

そして、これから先もお互いが普段の自分(自然な自分)でいられます。

 

大好きな人と一緒にいるのに居心地が悪いなんて考えたくもありませんよね?初めてのデートで自分を良く見せようとし過ぎないようにしましょう。

 

次項からは、実際に「自然に会話が出来る方法」をご紹介していきますが、ここまでで少しでも共感していただける部分があれば、どんどん読み進めていただきたい。

 

 

あなたが読み進めれば読み進めた分だけ、初デートの会話が楽しくなる。

 

 

このページを読み進めていただく事で、その方法を全て伝える事が出来ると思っています。


3.「自然に」を作り出す方法

初デート,会話

 

どうすれば自然な会話が生まれるのか?

 

簡単に説明すると、あなたが仲のいい友達や家族と過ごす時に「居心地がいい」「何も気にしなくて楽」「なんでも言える」と感じるのは、相手があなたの事を深く理解しているからです。

 

「深く理解する」とは、お互いの「苦手」を知り、理解すること。

 

相手に自分の事を深く理解してもらえれば、おのずとお互いが自然に振る舞える環境が整います。

 

ここでは、相手に自分の事を深く理解してもらうための「最短の方法」をご紹介します。

 

  • 3-1.自分の「苦手」を知る
  • 3-2.自分の「苦手」を相手に知ってもらう
  • 3-3.あえて「得意」は伝えないメリット

 

では、順に説明していきます。

 

 

3-1..自分の「苦手」を知る

 

あなたは、自分の苦手な部分を相手に「正確」に伝える事が出来ますか?

 

ここでの【苦手】とは、デート中に起きる出来事から考えられる「こうなったらテンションが下がるなぁ」「こんなことが起きたら戸惑うなぁ」となる部分のことを指します。

 

そして、それがどのような場面で起きるのか…初デートで考えられるあなたの中の「苦手」を一度イメージしてみてださい。

 

イメージする方法としては、これから起きるであろう「初デートのシチュエーション」から連想するといいでしょう。

 

例えば、初デートで公園に行くとします。

 

その時に、公園で起こりうる事柄から連想していきます。

 

  • 「公園のベンチに座った時に…。」
  • 「いきなり蜂が襲ってきた時に…。」
  • 「散歩中の犬がいたら…。」

 

この3つで連想出来るのはどんなことでしょうか?

 

自分に少し潔癖症な部分があり、あまりベンチには座りたくない。虫が大の苦手。実は犬に噛まれた過去があり、犬に恐怖を感じる。

 

人によって様々ですが、上記のように、初デートで起こりうるシチュエーションから苦手を連想していきます。

 

デートプランが既に決まっている方が連想し易いです。

 

デートプランの作り方について、先に詳しく知っておきたい方は※を参照ください。

 

 

初デートの一日をリアルにイメージし、自分が苦手とする部分や場面をはっきりさせておく。

 

 

それが「自分の苦手を知る」です。

 

次項で、この「苦手」を相手に伝える方法をご紹介します。ここでしっかり自分の「苦手」を明確にしておきましょう。

 

 

3-2自分の「苦手」を相手に知ってもらう

 

先程イメージしたあなたの「苦手」を相手に伝えます。

 

書き出した「苦手」が100個以上ある場合でも、少しずつ伝えていけば問題ありません。

 

大丈夫です。

 

 

なぜ「苦手」を伝える必要があるのか?

 

 

それは、初デートの会話に困らない為であり、2人が自然に会話ができるようにする為です。

 

この項目の冒頭で説明したように、あなたは仲のいい友達や家族と会話をする時に、困ったり気を使い過ぎる事はほとんど無いはずです。

 

その理由は、仲のいい友達や家族はあなたの「苦手」を知っていて、あなた自身の事を深く理解しているからです。

 

相手に「苦手」を伝える事は、相手があなたを深く理解する為には必要不可欠なこと。

 

 

では、どう伝えれば良いのでしょうか?

 

 

小細工は必要ありません。普通の会話の中で自然に伝えます。隠す必要が無いんです。

 

人によっては「苦手」を伝える事に抵抗があるかもしれませんが、初デートをするわけですし、相手はあなたのことをもっと知りたいと思っているはずです。

 

あなたの苦手な部分もしっかり知りたいと思ってくれているはずなんです。あなたも相手の事なら「得意な事」でも「「苦手な事」でも何でも知りたいはずです。

 

更に、それが会話のきっかけとなり、相手も同じように共感したり、親近感が湧いたりするものです。

 

「俺もそれが苦手でさー!その気持ちわかるー!」とか、「わたしも同じ!昔から苦手なんだよねー!」などと、意外にも会話が弾む事に気が付くはずです。

 

 

つまり、一石二鳥なんです。

 

 

これだけのメリットがあなたの「苦手」には隠されているのです。

 

これから相手にあなたの「苦手」を伝えていくことになりますが、ひとつだけ注意点があります。

 

ネガティブには話さない。それを話す事で暗い気持ちにならないという事。

 

重苦しい空気感で「苦手」を伝えられたら相手もビックリしてしまいますし、話しづらくなってしまうかもしれません。初デートの相手はただの相談相手ではありませんので気をつけましょう。

 

 

ところで「得意」な事は話さなくていいの?

 

 

もちろんあなたの「得意」な部分は、相手があなたの事をもっと好きになってくれる大切なポイントのひとつです。

 

重要なのはその「使い方」。

 

次項で詳しく解説していきます。

 

 

3-3.あえて「得意」は伝えないメリット

 

今回初デートに誘ったのはあなたからですか?それとも相手からですか?

 

デートに誘うという事は、すでに相手を魅力的だと感じている状態。誘われた場合でも、OKしたなら少なからず相手を意識しているはず。

 

つまり、初デートの約束をすること自体が、すでに相手の「魅力的」な部分をある程度理解している状態だと言えます。

 

実は、その魅力的な部分もあなたの「得意」に入ります。

 

すでにあなたの「得意(魅力)」は伝わっているんですね。

 

 

更に、この「得意」は使い方によってその効果を何倍にもする事が出来ます。

 

 

先程までは「苦手」を相手に伝える事でお互いを深く理解する、自然と会話が盛り上がると説明しましたが、初デートとなるとプラスαが欲しいのも事実。

 

先程の「苦手」を伝えた上で「得意」がどのように効果を発揮し、実際にどのタイミングで利用出来るのか、説明していきます。

 

あなたの「得意」はどのようなものでも構いません。

 

例えば、

 

「手先が器用」「スポーツが得意」「手品が出来る」「友達が多い」…なんでもOK。

 

 

しかし、それを意図的に相手の前でアピールする必要はありません。

 

 

それが自然に必要になる瞬間がやって来るからです。

 

その機会が来れば、あなたの魅力はもっともっと大きくなります。

 

なぜなら、先程の「苦手」を伝えているから。

 

相手があなたの苦手な事を理解し始めると、自然とそれを上手に避けてくれるようになったり「これは大丈夫かな?」と質問をしてくれるようになります。

 

お互いを理解していくことで、どのような会話でも成り立つようになっていきます。

 

そこで、たまたまあなたの「得意」を活かせる場面があれば、いつも通りにその「得意」をこなすだけでいいのです。

 

先にあなたの得意な部分を見せれば見せる程、後から「苦手」が目立ってきてしまいますが、先に苦手を伝えておけば「得意」が魅力的に見えるのです。

 

言ってしまえば、「針に糸を通すのが早い」という「得意」だけでも、魅力的に感じさせる事が出来るという事です。

 

 

あなたの「得意の力」を最大限に発揮する為に必要なのもまた「苦手」なのです。

 

 

意図的に「得意」を出そうとすれば、それは演技をしているのと同じこと。意識せずに「その時」が来るのを待っていればいいんです。

 

 

もう一度言います。「苦手」を先に伝えてあるから「得意」の魅力が何倍にもなります。そして、その「得意」は意図的にアピールする必要は無いんです。

 

 

あなたの「得意」が自然と必要になる瞬間を気長に待ち、ここぞという時に出しましょう。

 

あなたの魅力が何倍にもなる瞬間です。


4.初デートでも困らない会話術

初デート,会話

 

ここまで読み進めて頂ければなんとなく、初デートで困らない会話術を身に付けることってそんなに難しい事ではないんだなと気付いてきたのではないでしょうか?

 

この項目では、これまで説明させていただいてきた事をまとめ、困らない会話術とはどのようなものなのかを改めてもう一度見直していきたいと思います。

 

  • 自然な会話とは、仲のいい友達や家族と同じように気楽に話が出来る状態
  •  

  • 自然な会話を展開するにはお互いを深く理解する必要がある
  •  

  • その為に必要なことは、自分の「苦手」を相手に知ってもらうこと
  •  

  • 自分の「苦手」を相手に話せるくらい自分の中で明確に理解する
  •  

  • 「苦手」を伝える時は、会話の中で普通に伝える
  •  

  • 相手もあなたの「苦手」を知りたいと思っている
  •  

  • お互いがお互いの「苦手」を理解することで自然な会話が生まれてくる
  •  

  • 「得意」は後から効果を発揮するものであり、意図的にアピールする必要はない

 

これらがご紹介させて頂いた内容の要点になります。

 

要するに…

 

 

「デート中に起こる可能性のある「苦手」を伝えていくことで自然に会話が生まれる。」

 

 

人によっては、ここまでで十分に自然な会話を繰り広げる事が出来るでしょう。

 

しかし、まだ「苦手」を伝える事に抵抗を持っている人もいると思います。中には「苦手な部分を伝えたら嫌われてしまうのでは…?」と考えている人もいるのではないでしょうか?

 

でも、こう考えてみてください。あなたにとっては「隠しておきたい事」だとしても、それが相手にとっては知りたい事かもしれないのです。

 

初デートというのは、お互いに興味を持っていたり、お互いを気になっているからこそ成立するものです。

 

つまり、すでに相手はあなたに興味があり、何でも知っておきたいと思っている可能性が高いんです。

 

お互いが「苦手な事」を隠し、「得意な事」だけを話していても自然な会話など生まれるはずがありません。それでは親友や家族のように気を許して会話ができない状態が続いてしまいます。

 

自分は演じているのに相手の事はもっと知りたいと思う。

 

 

「この「矛盾」がうまく会話が出来ない理由なのです。」

 

 

あなたが頭の中で常に意識しておかなければならないことは「まず相手を知りたい」ではなく「まず相手に知ってもらいたい」であるべきだということ。

 

自分の事を相手に知ってもらう事が出来て、初めて相手を知るきっかけが出来るのです。自分が心を開けば相手も心を開いてくれるのと同じことですね。

 

会話をする時は、「相手に知ってもらう」を最優先に考えましょう。

 

「苦手な事」を相手に伝えることは、「かっこ悪い」「可愛くない」「恥ずかしい」「子供っぽい」ではなく、「相手を深く理解する為」であることを覚えておきましょう。

 

 

 

初デートでも困らない会話術とは「相手に自分のことを深く理解してもらう事」なのです。

 

その先に「親友や家族と話す時のような安心感」が得られます。

 

その為に必要なことは、まずあなたの「苦手」を理解してもらう為に正確に伝える。

 

いくら「苦手」が多くても構いません。

 

伝えれば伝えただけあなたの「得意」が際立ち、それが魅力になるからです。

 

難しい事ではありません。

 

もう一度今回のデートプランの中で予想される場面を思い浮かべ、自分の「苦手」を探してみてください。

 

それも出来る限り詳しく、正確に。

 

正確に伝える事が出来なければ、相手に違った理解をされてしまう事があります。

 

 

「苦手のイメージは的確に、そして明確に」

 

 

この一連の流れが2人の間に自然な会話を生みだし、親友や家族と会話をするような感覚で接することができるようになります。


5.まとめ

 

そもそも、異性と話をする事自体が苦手な方もいらっしゃると思います。

 

それでも大切な初デートの日程はもう決まっている。

 

それなら「なぜ会話が苦手なのか」を考えてみてください。

 

そして、それを相手に正確に伝える。

 

相手も、あなたが苦手な事を明かしてくれたと安心するはずです。

 

 

だって、あなたの事を知りたいと思っているからこそ初デートをする事になったのですから。

 

 

これからたくさんのデートを重ねていく2人にとって、お互いを深く理解する事はすごく大切だと思います。

 

心理的要素も多数ありましたが、このページが少しでもあなたの力となり、役に立てば幸いです。「もう会話には困らない!」と思えるきっかけになってもらえればと思っています。

 

このページで紹介させて頂いた会話術は、性別問わず実行していただける方法ですし、今まさに初デートを控えている方にとっては必ず役に立つと自負しています。

 

 

苦手な事を克服する為には少なからず努力は必要。

 

 

あなたが初デートの相手を想う気持ちは、思わぬところであなた自身の力となり、苦手な事を克服する手助けをしてくれることでしょう。

 

デート中の会話が上手くいけば、もっともっとその力が発揮されるはずです。

 

あなたの中に存在する「苦手」が、実はあなたの強い味方となってくれることを忘れないでください。

 

関連ページ

初デートで行くべきおすすめの場所
初デートでどのような場所に行くのがいいのか迷わない為の方法と行くべき場所からその決め方をご紹介します。
初デートで手を繋ぐ具体的な方法
初デートで手をつなぐ為の方法とそれを成功させるのに必要な事、その効果を紹介していきます。
初デートでの食事で失敗しない方法とポイント
初デートでの食事で困るお店選びから意識しておきたいポイントとその効果について紹介しています。
初デートでキスの「あり」「なし」を見抜き相手をコントロールする方法
初デートでのキスはアリ?ナシ?相手の感情をうまくコントロールする事でどちらにも導く事も可能なのです。
初デートでの告白の方法と成功例
初デートで告白を成功させる方法とその具体的な内容を解説していきます。