メールでのデートの誘い方


デートに誘い出すメールテクニックと具体的な誘い方

 

デート,誘う,誘い方,メール,テクニック

 

気になる人をデートに誘う時、直接逢ったり電話で誘うよりも【メール】なら簡単に誘えるような気がしますが、いざ誘うとなるとやっぱり緊張するものです。

 

でも、いくら緊張したってデートに誘う事ができなければお付き合いに発展することはありませんし、当然、友達以上の関係になることも難しくなります。

 

友達以上の関係を目指すなら避けては通れないのが初デート。

 

LINEなどのSNSやメールは、気になる相手を初デートに誘う方法としては最も難易度の低い方法ですので、利用する方も多いはず。

 

しかし、メールだと気持ちを上手く伝える事ができなかったり、頑張って誘ってもほとんど断られてしまう…という方も少なくないのではないでしょうか。

 

 

それはきっと「上手な誘い方」ができていないから。

 

 

緊張のあまり、変な文面になってしまったり、気持ちを前面に出し過ぎて失敗してしまう…という悩みはよく耳にします。

 

しかし、メールなら直接会って相手の顔を見ながらデートに誘わなくてはならないわけではありませんので、落ち着いて準備を進めることができるのが強みです。

 

メールでの「上手な誘い方」を身に付けることで、2人きりの時間を作り出し、お付き合いに発展させることができるかもしれません。

 

その可能性は、あなたの気持ち次第で確実に高くなります。

 

ここでは、男女共に「OKをもらい易いメール術」を、例文と一緒に【会話形式】でご紹介していきます。

 

これであなたもメールで、上手に、効率よくデートに誘う事ができるようになりますので、焦らずじっくり読み進めていきましょう。

 

  1. 断られ易いメールでの誘い方
  2. OKがもらい易いメールでの誘い方
  3. 脈ありメールかどうかを見極める

 

男性のみなさんも女性のみなさんも、自分を恋愛初心者だなんて思わないでください。

 

みんな初めは初心者。

 

いつ見ても異性とデートをしているモテる男やモテる女は、「上手なデートの誘い方」を知っていて、ただ単にそれを実行しているだけに過ぎません。

 

あなたもモテる男やモテる女のように「OKをもらい易いメールテクニック」を身に付けて、気になる異性と親密な関係を作っていきましょう。

 

メールでデートに誘い、お付き合いに発展するまでそう遠くはありません。


1.断られ易いメールでの誘い方

デート,誘う,誘い方,メール,テクニック

 

気になる相手をデートに誘ってもいつも断られてしまうような人は、ひょっとしたら

 

「断られ易い誘い方」

 

をしてしまっているのかもしれません。

 

いくら作戦を練って自信満々で誘っても、相手の心に響かなかったら全く意味がありません。

 

ここでは、メールでデートに誘う際に、相手から断られ易いケースをご紹介していきます。

 

つまり、良くない例です。

 

「上手な誘い方」を考える前に、まずは良くない例を確認し、自分自身の誘い方を見直していきましょう。

 

こんなメールの誘い方では断られ易いようです。

 

  • タイミングが早すぎる
  • ストレートすぎる
  • 気持ちや内容が伝わらない
  • テンションが低くて暗すぎる
  • メール内容がキザすぎる
  • ストーカーじみた内容

 

メールでデートに誘う場合、これら6つの特徴に当てはまっていると、断られてしまう可能性は高まります。

 

これらは相手にマイナスなイメージを与えてしまう可能性の高いメール内容です。

 

仮に、相手があなたに好意を持った人であれば問題ないケースもありますが、相手があなたのことを良く知らなかったり、あなたに対して好意を持っていないことが明白な場合、基本的には避けた方が良い内容であると言えます。

 

では、例文を確認しながら一つずつ詳しくみていきましょう。

 

※あなたを「自分」、気になる異性を「相手」として表現

 

タイミングが早すぎる

 

自分「こんにちは!昨日アドレス交換ありがとう!今夜空いてる?2人でデートしようよ!いい?」

相手「メールありがとう!でもちょっと早いかなー。忙しいしゴメンね!またこっちから連絡するから。もう少し仲良くなったらね!」

 

断られて当然のメール内容です。

 

確かに思い切りが必要な時もありますし、攻めなければ他の人に奪われてしまう可能性もあります。

 

まわりくど過ぎるのも考えものですが、この例を見るとあまりにもデートに誘うタイミングが早過ぎますし、相手もびっくりしています。

 

最悪の場合、このまま相手から連絡をもらえないケースです。

 

デートに誘うのは、もう少し仲良くなって、もう少しお互いを知ってからにしましょう。こんなメールでは軽い男(女)だと思われてしまいます。

 

ストレートすぎる

 

自分「こんにちは!昨日アドレス交換ありがとう!初めて話した時からあなたのことがずっと気になってて、デートに誘いたいって思ってました!お返事ください!」

相手「メールありがとう!時間がある時こっちからまた今度連絡するね!ありがとう!」

 

流されて当然のメール内容です。

 

自分の気持ちばかり押し付けてしまう、恋愛初心者丸出しのメールですね。

 

確かに、相手に自分の気持ちを伝えるのは大切なことです。

 

しかし、あまりにストレート過ぎます。それに、アドレスも交換したばかりですし、相手も驚いて流すしかありません。

 

デートを実現させたいなら、ストレートすぎないメールを送るべきです。

 

気持ちや内容が伝わらない

 

自分「こんにちは!昨日アドレス交換ありがとう!とりあえず、1度2人で会ってデートしない?」

相手「とりあえず?うーん。最近忙しいから落ち着いたらまたこっちから連絡するね!」

 

相手にとって失礼な印象を与えてしまうメール。

 

「とりあえず」なんて言葉は使ってはいけません。

 

デートをする理由や気持ちが全く伝わらず、どんなデートになるのか内容も定まっていません。

 

こんなメールではいい加減なイメージだけが残り、「誰でもいいのか?」と思われてしまいます。

 

なぜデートをしたいのか、そしてどんなデートをしたいのか、もう少し具体的なものでなければなりません。

 

テンションが低くて暗すぎる

 

自分「こんにちは。元気?近々空いてる日ある?食事に行かない…?忙しそうだし難しいか…。お返事ください。」

相手「メールありがとう!空いてる日が見つかったらこっちから連絡するねー!!」

 

暗すぎです。

 

メールでデートに誘う場合、ビックリマークや絵文字を使って明るく楽しい雰囲気を演出するのが鉄則。

 

このような暗いメールでは「一緒にいてもつまらないかも」と、思われてしまう可能性が高いです。

 

あえて控えめにしているのかもしれませんが、これでは熱意も伝わりませんし、もう少し明るい文章を考えていくべきです。

 

メール内容がキザすぎる

 

自分「急ですが、あなたの瞳に惹かれました。わたしのハートに灯った火はもう消す事はできません。近々食事をご一緒しませんか?ご馳走させてください。」

相手「え…?あの…。またこっちから連絡するね!最近忙しいからごめんなさい!でも、ありがとう!」

 

まるで恋愛アニメのナルシストキャラのようなメール。

 

逆に真剣な様子が伝わってきません。ここまでキザで臭いメールを送る人はなかなかいないかもしれませんが、初めてデートに誘う場合はできるだけキザなセリフは避けるようにしましょう。

 

このようなセリフは、仲良くなってお付き合いができるようになったらウケ狙いとして使いましょう。

 

そうでないとドン引きされます。ウケるかどうかもわかりませんが…。

 

ストーカーじみた内容

 

自分「アドレス交換してくれて嬉しかったです!ずっと見てました!あなたの好きなものは何でも知っていますよ!あなたの好きなステーキをご馳走したいので近々ディナーに誘っても良いですか?」

相手「え…?(ちょっと怖い…。)最近ちょっと忙しいからまた余裕がある時こっちから連絡します!ありがとう!」

 

相手から怖がられてしまうメール。

 

ちょっとストーカーじみてますよね。相手が男性でも女性でも、こんなメールが届いたらドン引き確定です。

 

まだ仲良くなっていないなら「ずっと見てた」とか「何でも知っている」などの発言は避けた方が良さそうです。

 

一度でもストーカーじみていると思われてしまったら、今後その相手とデートをするのは難しくなるでしょう。

 

 

ここでご紹介した例文は、少し極端かもしれません。しかし、自分が思っているよりもメールの文章は相手に強い印象を残すものです。

 

これらの例のようなメールを送っていたことに気付いたなら、今後は見直していきましょう。

 

 

モテる男やモテる女は、これらのメールは絶対に送りません。

 

 

彼らは「OKをもらい易いメールでのデートの誘い方」を知っています。

 

それだけの話です。

 

次の項目では、その「OKをもらい易いメールでのデートの誘い方」をご紹介していきます。

 

まずは「断られ易いメールでの誘い方」をしっかり理解した上で、この先を読み進めて欲しいと思います。

 

では、モテる男やモテる女のメールテクニックとは、一体どんなものなのでしょうか?


2.OKがもらい易いメールでの誘い方

デート,誘う,誘い方,メール,テクニック

 

何度も言っていますが、いつも異性とデートをしているようなモテる男やモテる女は、

 

「上手なデートの誘い方」を知っているだけに過ぎません。

 

男性でも女性でも、異性をデートに誘うことに慣れているか否かの問題ではなく、

 

「知っているか知らないか」だけの問題なんです。

 

ここでは、あなたに「メールでの上手なデートの誘い方」を知ってもらうことになります。

 

 

周りをよく見渡してみてください。

 

街中でデートをしている男女…そして、あなたの知り合いでいつも異性とデートをしている人達…。

 

みんながみんな、モデル級の美男美女でしょうか?

 

そんなことはありませんよね。

 

彼らは「上手なデートの誘い方」を知っているだけなんです。

 

誘った相手から「OK!いいよ!」と言ってもらえればそれで良いだけの話。

 

上手に2人だけの時間を作りだし、いつの間にかデートをしている状態に持っていくテクニックを、彼らは知っているのです。

 

では、モテる男やモテる女が知っている「OKがもらい易いメールでの誘い方」とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

具体的に見ていきましょう。

 

 

 

  1. 簡潔で具体的なデートプランが盛り込まれており、デートをしている様子を想像させ易い内容
  2.  

  3. 目的の場所の名前やご馳走したいメニュー、そして時間なども具体的に記載されている
  4.  

  5. 日付の指定がされている。あるいは選択肢を予め用意して記載している(土日のどちらかなど)
  6.  

  7. 相手の好きな食べ物や趣味に合わせた内容がプランに盛り込まれている
  8.  

  9. 「1度だけ」などの限定感を感じさせる言葉が内容に盛り込まれている
  10.  

  11. 人気店の名前や流行り物が絡んだプランが盛り込まれている
  12.  

  13. 「奢るよ」など相手にとって少しでも得になる内容がデートプランに盛り込まれている
  14.  

  15. 「デート」という言葉は使わずに「出かける」などの言葉を使うようにして下心を見せない文面に
  16.  

  17. 「今メールする時間ある?」などの気遣いの言葉が冒頭に盛り込まれている
  18.  

  19. 2人きりになることを優先的に考え、よく練られた内容になっている

 

 

 

細かいテクニックは後程ご紹介しますが、この10個の項目が上手に組み込まれたメールを送ることができれば、マイナスなイメージを与える事はまずありません。

 

これは基本中の基本。

 

モテる男やモテる女は、この基本が身に付いているんですね。

 

もちろん断られる可能性はゼロではありませんが、「いいよ!」と言ってもらえる可能性は飛躍的にアップする基本テクニックと言えるでしょう。

 

これらの基本テクニックを盛り込んだメールでのデートの誘い方をまとめるとこんな文章になります。

 

例)

 

「こんにちは!今メールする時間ある?忙しかったらごめんね。時間がある時に見て欲しいんだけど、こないだ山田さん(仮名)が探してた人気のスイーツのお店が駅の近くにオープンしたんだけど知ってる?もう行ってみた?わたしもすごい行ってみたいんだけど、今週末って土曜日か日曜日だったら日中どちらか、少しでも出かけられる時間無い?一緒に食べに行こうよ!1回だけでも行ってみたかったからさ!前に仕事手伝ってくれたお礼にご馳走させてね!返事待ってます!」

 

 

10個の項目が上手に盛り込まれているのがわかると思います。

 

これなら相手に悪い印象を与えることなくメールでデートに誘う事ができます。

 

日付の指定が無いメールを送ると「わかった!今度ね!」と断られてしまう可能性が高まりますが、このメールではしっかり日付の指定がされていて、選択肢を与えることができています。

 

日付の指定がされていれば「この人と出かけるのはこのチャンスしか無いかも…」と思ってもらえることでしょう。

 

冒頭では相手の都合も考えている様子がうかがえます。

 

自分勝手ではない一面をアピールすることができているので好印象。相手への気遣いが読み取れます。

 

また、相手の好きなものや探していたものを見つけたという内容が盛り込まれており、興味を持たせることが出来ています。

 

相手が喜ぶようなデートプランはどんなものであるかを事前にリサーチできていますね。

 

例えば、相手があなたに少しでも好意を持ってくれているならば、すぐにでもあなたのために時間を作ってくれることでしょう。

 

お店の名前や場所などの詳しいプランを提供することで、相手の不安を取り除き、OKを出し易くしているのです。

 

 

「1回だけならいいかな!」

 

「奢ってくれるならいいかな!」

 

 

こんな風に思ってもらえるような、メールの誘い方を心がけましょう。

 

仮に、あなたに全く好意を持っていない相手だったとしても、即答で断るわけではなく「損は無さそうだし、考えてみようかな!奢ってくれるみたいだし!」と考えてくれることでしょう。

 

この記事の【断られ易いメールでの誘い方】でご紹介したようなメールでは即答で断られてしまいますが、ここでご紹介したメールテクニックを上手に盛り込めば「ちょっと考えてみようかな」に昇格するわけです。

 

つまり、このメールテクニックは、デートに誘う相手と既に仲が良くても、まだ仲良くなくても、どんな状況でも使えるテクニックと言えます。

 

適当なイメージやいい加減なイメージを相手に与えることのないメールを心がけていきましょう。

 

モテる男やモテる女は、この基本テクニックをすでに知っているのです。

 

 

知っておきたい応用編

 

上記でご紹介した基本テクニックを元に「OKがもらい易いメールでの誘い方」の応用編をご紹介します。

 

目的は2人きりの時間を作ることですので、「デート」なんて言葉を使う必要はありません。

 

2人きりの時間を無理矢理にでも作りだし、気付いたらデートのようになっているのが理想の流れ。

 

デートプランナーの【男性からのデートの誘い方】【女性からデートの誘い方】でご紹介しているデートの誘い方のテクニックを応用編として利用します。

 

  • デートに誘う時は一度断らせよう
  • 相手から誘わせるテクニック
  • 「わたしは1人だよ」アピール
  • 頼み事を利用して誘う

 

いつも異性とデートをしていたり、あなたの周りでもモテ男、モテ女と呼ばれる人達はこれらの方法を上手に使っています。

 

また、メールでデートに誘う場合、雑誌に載っているような流行り物を抑えておくとグッド。

 

行列のできるお店や話題の映画、スポット、そして新しい人気のカフェやスイーツなどは、とても魅力的な武器(ワード)になることでしょう。

 

流行りのお店などを把握しておくと、2人の共通の目的も作り易く、結果的にデートに結びつき易いんです。

 

2人で出掛ける目的やきっかけを、予め何パターンか考えておくと良いでしょう。

 

ちなみに、相手の生活習慣や趣味などを予めリサーチしておくことができれば、相手が喜んでくれそうなプランの提案もできますが、モテる男やモテる女は攻めのパターンをいくつも持っていますので、デートに誘う相手ごとに対応ができるというわけなんです。

 

 

彼らは常にプラスワン。

 

 

彼らのように、相手の予想を上回るプランを提供することができれば、OKをもらえる可能性は格段にアップします。

 

まずは即答で断られない基本テクニックを身に付け、様々な誘い方を応用編として駆使していけるようになりましょう。

 

メールは、直接会って話したり電話で話すのとは違い、言いたいことを落ち着いてまとめて書くことができますので、相手に喜んでもらえるようなプランをじっくり考えていきましょう。


3.脈ありメールかどうかを見極める

デート,誘う,誘い方,メール,テクニック

 

メールでデートに誘う際に最も重要になることは、相手からの返信のメールが「脈ありメールであるかどうか」を見極められるかということ。

 

直接会って話しているわけではありませんし、電話で声を聞いているわけでもありません。

 

人間は相手の表情や声色で本心を探ろうとしますが、残念ながらメールではそれができません。

 

つまり、文章の内容から相手の心境(脈)を探る事しかできないことになります。

 

デートに誘う前でも、デートに誘った後でも、相手のメールの文章から脈ありかどうかを見極められるようになりましょう。

 

もうひと押しでデートを実現させ、付き合う事ができるのか…。
それとも深追いしない方が良いのか…。

 

そこが見極められるかどうかで、結果は大きく変わってきます。

 

 

脈ありメールとは?

 

あなたのメールに対する相槌だけでなく、相手からの何かしらの「アクション」があるかどうかがカギとなります。

 

例えば、普段からメールができる関係性の場合、相手の方から自ら自分の事を紹介するかのような話をしてくれる場合は、あなたに対して理解を求めていたり、気を許している可能性が高いでしょう。

 

また、相手の方から何でもない時に「昨日おいしいケーキ屋さん見つけたよ!」などの何気ない内容のメールが送られてくることがあるならば、これもまたやはりあなたに気を許しているので脈がありそうなメールであると言えます。

 

そのメールの内容に、あなたに対する質問が多数あると、更に良いでしょう。

 

 

あなたに好意を抱き、あなたのことを知ろうとするメールは「脈あり」の可能性が高いです。

 

 

また、普段メールをしている時に、あなたからデートに誘って欲しそうに誘導しているような内容は含まれていませんか?

 

例えば、相手から届いたメールに「いつも1人だから」とか、「気になるお店があるけど1人では入りづらい」など…そういった内容が含まれていれば脈ありの可能性は非常に高いと言えます。

 

逆にここを見落とすと、「わたし(俺)には興味無いのかな…」と離れていってしまうかもしれません。

 

デートに誘いたい相手と最近メールをするようになった人は、相手のメールにあなたに対する質問を含んだ内容のメールがどれくらいあるか確認しましょう。

 

あなたに対する質問が多ければ多いほど脈ありの可能性は高いと言えます。

 

また、相手からのメールの返信が早いと嬉しいものですが、しばらく返信が無いと不安になりますよね。

 

しかし、相手の方から予めメールができない時間帯を教えてくれていたとしたら…不安になりませんよね。

 

 

これは脈ありです。

 

 

脈が無い場合は、そんな気を使ってくれることも通常無いと思った方が良いでしょう。

 

そういった小さな優しさは「脈あり」を感じさせます。

 

 

「日中は忙しいから、夜8時以降ならゆっくりメールできるよ!あなたは時間ある?話そうよ!」

 

 

こんなメールが相手から届くようであれば、脈ありの可能性は非常に高いでしょう。

 

相手から何かしらの提案があるのは非常に良い事。

 

あなたに好意が無ければ何かを提案したりはしません。

 

相手から何か提案があった場合は、素直に「ありがとう」と伝え、デートからお付き合いに発展していけるようにトークを進めていきましょう。

 

また、あなたが「いつなら時間ある?」といった内容のメールを送った際に「いつでもいいよ!」と返答があった場合、「脈なしではない」と判断して良いでしょう。

 

決して素気ないわけではなく、「あなたに合わせたい」という気持ちの表れですので、良い返事だと思ってください。

 

あなたに対する好意が全く無く、連絡を取るのも面倒だと思われている場合は、「時間無いからまたこっちから連絡するね!」と言われてしまいますが、あなたの都合に合わせようとしてくれている場合は「脈なしではない」と捉えて良いでしょう。

 

脈がありそうなメールの特徴をまとめておきますので、是非参考にしてみてください。

 

相手のメールの内容に、当てはまるものが多ければ多いほど脈ありの可能性が高いでしょう。

 

 

  • 相槌だけではない
  • 自ら自分の事を話してくれる
  • 提案が含まれたメールをくれる
  • 質問をたくさんしてくれる
  • 返信が常に早い
  • 特に用事も無いのにメールをくれる
  • 誘って欲しそうな内容が含まれたメールをくれる
  • メールができる時間帯を教えてくれる
  • あなたに都合を合わせようとしてくれる

 

 

逆に、相手に「脈ありかも」と思わせたい場合は、これらの特徴を盛り込んだメールを送り続ければ良いのです。

 

そうすれば、相手からデートに誘ってくれる可能性もありますし、相手の反応をより一層探ることができるはずです。

 

しかし、異性みんなに同じようなメールを送っていると、裏でどんな話をされているかわからないため危険です。

 

どんなやり取りをしているか異性間で話題になった場合、「誰でもいいんだ」なんて思われてしまってはその先発展は見込めなくなるでしょう。

 

対策として、お目当ての異性と他の異性とでメールの内容に差をつけることをオススメします。

 

異性同士で、あなたのメールについて話題が出た際に、お目当ての相手とその他の異性とでメールの内容に差があれば気持ちも伝わるはず。

 

「あれ?俺(私)の事想ってくれているのかな」と思わせるくらいが、脈の有無を確認するには丁度良いでしょう。

 

 

脈なしメールとは?

 

では、「脈なし」と判断せざるを得ないメールとはどんなメールだと思いますか?

 

もうお気付きの方もいらっしゃるとは思いますが…。

 

そうです。

 

「脈ありメール」の真逆のパターンが「脈なしメール」になります。

 

  • 相槌だけの返信
  • 自分の事を話してくれない
  • 何も提案してくれない
  • 質問を一切してこない
  • 返信が常に遅い
  • 用事が無いとメールをくれない
  • 誘って欲しくなさそうなメールばかり
  • メールができる時間帯を明かしてくれない
  • あなたの都合に一切合わせてくれない

 

なんて寂しい状況なんでしょうか…。これは非常に辛いですね。

 

こんな状態でメールでデートに誘ったとしても、きっと何の理由も告げずに断られることでしょう。

 

「忙しいからごめんね。」なんて淡泊なメールの返信がきたら立ち直れないかもしれませんね。

 

メールでデートに誘うどころの話では無くなっています。

 

また、メールでデートに誘うまでは割と普通にメールをしていたのに、デートに誘った途端、メールの様子が一変し、淡泊なメールばかりが届くようになった場合も「脈なし」だと判断するしか無いのかもしれません。

 

このような状況の時は、一旦引いて考え直してみましょう。

 

しかし、文章が短かったり、メール自体のテンションが低いからと言って、すぐに諦めてしまう必要もありません。

 

 

あくまでこれはメールであることを忘れてはいけません。

 

 

特に男性はメール自体苦手な人も多く、素気ないメールになりがち。

 

実は笑顔でニヤニヤしながら一生懸命メールを打っているかもしれません。

 

また、女性の場合は恥ずかしくて淡泊なメールになっている可能性だってあります。

 

 

さらに、メールのテンションは高く、絵文字も多くて一見楽しそうなメールが頻繁に送られてきていたとしても、単にメールに慣れているだけで、上手にごまかされているケースも考えられます。

 

 

つまり、ちょっとメールしたくらいではわからないということ。

 

しばらく様子を探りながら、メールの内容の本質や結果を重要視していきます。

 

例えば、テンションが低く、暗めなメールでも、内容だけ見れば脈ありのパターンもありますし、どんなにテンションが高くても脈なしのパターンもあるわけです。

 

それに、相手のスケジュール的な問題で返信が遅れているだけのこともありますし、メールを作るのに慎重になっているだけかもしれません。

 

やはりパッと見の文面だけでなく、しっかりと内容を読み取るようにしましょう。

 

 

返信が次の日とかになるのはちょっと心配ですが…。

 

 

要するに、1通2通だけで判断するのではなく、何日かやり取りを続けて様子を見ることが大切なんですね。

 

モテる男やモテる女は、メールでデートに誘う場合、普段のメールからこのような視点で「脈ありかどうか」を見極めています。

 

相手の顔が見えないだけに、駆け引きをしているような感じになりますが、成功率を上げていくためには必要なことであるとデートプランナーは考えています。


4.まとめ

メールでデートに誘う際は、どんなメールが断られ易いのか、そして、どんなメールなら好印象を与え、OKがもらい易くなるのかを考えていくことが成功への近道になります。

 

これからデートに誘おうと考えている方も、つい最近デートに誘って断られてしまった方も、相手のメールの内容から脈ありなのかどうかを見極めていく必要もあることがわかりました。

 

実は、

 

メールでデートに誘う方法は、直接会って誘ったり、電話で誘ったりするよりも、成功率の低い方法です。

 

 

相手の表情も声色もうかがえませんし、相手もメールなら断り易いんです。

 

あなた自身も、全く興味の無い異性からデートに誘われた場合、メールが一番断り易いと感じるはず。

 

 

だからこそ、断り易いメールはどんな特徴があるのか、そしてOKがもらい易いメールを送るにはどんな内容を盛り込めば良いかを知る必要があります。

 

 

何度も言っていますが、モテる男やモテる女は、その内容を知っているんです。

 

だから、最高のイケメンや美女でなくても、いつも異性とデートをしている人がたくさんいるのです。

 

要するに、ここでご紹介した内容をうまく利用できれば、恋愛が苦手な方でもメールでのデートの誘い方が上手になり、OKがもらえる可能性が高くなるのです。

 

あなたも今日から「モテる人」と言われるかもしれません。

 

関連ページ

男性からのデートの誘い方
男性からデートに誘う時にどうすればいいのか?様々なデート、初デートであっても有効な方法をご紹介します。
女性からのデートの誘い方
今や女性から男性をデートに誘う事は当然とも言える。しかしその誘い方がわからない女性が非常に多い。この方法を知って男性をデートに誘い出そう。
相手を食事に誘う為のポイントと準備
意中の相手を確実に食事に誘う為の準備と大切なポイント、失敗しない誘い方を紹介しています。