女性からのデートの誘い方


女性からデートに誘う方法とその具体例

 

女性からのデートの誘い方

 

「かっこいいなー。やっぱり絶対あの彼とデートがしたい…!」

 

こんな気持ちになったことはありませんか?

 

学校や職場、バイト先などで知り合った男性のことが気になって仕方ない瞬間ってありますよね。

 

そんな彼とはどうしてもデートをして仲良くなり、そしてお付き合いしたいと思うものです。

 

ただ、そんな彼を確実にデートに誘い出せるとは限りませんし、彼があなたのことをどう思っているかなんてわかりません。

 

しかし、あなたが他の女性に負ける事の無い「上手なデートの誘い方」を身に付けることで、彼との距離を縮め、お付き合いに発展させることが出来るかもしれません。

 

いえ、

 

その可能性はあなたの気持ち次第で確実に上がってくるものです。

 

気になった男性とデートをしてお付き合いしている女性はそれができているはず。

 

そこで、あなたが彼をデートに誘い出すうえで考えていきたいことや、誘い方のコツをご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

 

  1. 他の女性に負けるパターンとは
  2. 相手から誘わせるテクニック
  3. 頼み事を利用して誘う
  4. あなたのことを知ってもらおう
  5. まとめ

 

これらは、女性からデートに誘う前に頭に入れておくと必ずあなたの強力な味方になってくれる考え方やテクニック。

 

ひとつひとつの項目を頭に叩き込み、成功する可能性をグングン高めていきましょう。具体的な誘い方も含めてご紹介していきます。


1.他の女性に負けるパターンとは

女性からのデートの誘い方

 

あなたがどんなに彼をデートに誘いたいと願っても、他の女性に先を越されてしまってはその願いは叶いません。

 

例えば、あなたの頭の中が「デートに誘うのは恥ずかしい」という感情でいっぱいになっていたとします。

 

確かに彼をデートに誘うとなると恥ずかしい気持ちでいっぱいになると思いますし、「断られたらどうしよう」という不安もあるはず。

 

ただ、そういった思いや感情はあなたの足を止め、他の女性にチャンスを与えていることになるのです。

 

男性をデートに誘う前に頭の中をいっぱいにしてしまう感情や思いをまとめてみました。

 

一般的に女性が抱き易い感情です。

 

あなたはいくつ当てはまりますか?

 

まずはチェックしてみましょう。

 

  • 自分から誘うのは恥ずかしい…
  • 軽い女に見られてしまうかも…
  • 本当は誘って欲しいのに…
  • どうして誘われないんだろう…
  • 肉食系だと思われてしまうかも…
  • 断られたらどうしよう…
  • 気まずくなってしまうのでは…?

 

いかがでしたか?当てはまるものが多かった方は、ひょっとしてこんな考えを持っているのではないでしょうか?

 

 

「デートは男性から誘うものだ」

 

 

いつも他の女性に先を越されてしまう女性の多くは、この先入観を持っていることが多いんです。

 

こんな先入観を持っていると、あっという間に他の女性に先を越され、気になる彼は奪われてしまいます。

 

女性から積極的にデートに誘うのは確かに恥ずかしいと思いますし、断られてしまった時のことを考えると不安でたまりませんよね。

 

それに、軽い女だと思われてしまう可能性も少なからずありますし、気まずい雰囲気にもしたくありませんよね。

 

しかし、気になる彼を他の女性に奪われてしまうことこそ、一番嫌なことなのではないでしょうか。

 

想像してみてください…

 

彼が他の女性とデートをしている姿を…。考えるだけでちょっと涙が出てきますよね。

 

 

これがまさに「他の女性に負けるパターン」です。

 

 

「女性からのデートの誘い方」を考える前に、可能な限りネガティブな考え方を払拭しておくことが大切。

 

つまり、誘われる気配が無いからといって「誘っても断れるんだろうな…。」と心配し過ぎない方が良いということ。

 

「どうしようどうしよう…」と考えている時間は、

 

 

彼の事を放っておいているのと同じなんです。

 

 

これを忘れてはいけません。

 

…と言っても、頭の中ではわかっているはずです。

 

それに、このように言葉にするのは簡単なこと。

 

しかし、人間のネガティブな感情はそう簡単に払拭できるものではありませんよね。

 

「嬉しい!楽しい!」という感情よりも「恥ずかしい。心配。不安。」といった感情の方が根強く残ります。

 

それなら、そのような感情を無くすことが出来なくても、乗り越えることを考えてみましょう。

 

アルバイトや就職活動の面接などに置き換えてみてください。

 

どんなに緊張していても、基本的には逃げる事はできませんし、どうしても面接官と話をしなくてはなりません。

 

その時あなたは「面接に落ちたらどうしよう。失敗したらどうしよう。」と考えているはずですが、なんとか乗り越えてきたはずなんです。

 

それと同じように乗り越えましょう。

 

とにかく、何も行動せずに足踏みばかりしていては、彼とのデートを成功させることは絶対にできませんし、誘う事すらできません。

 

気になる彼が他の女性に奪われてしまうかもしれません。

 

デートは女の子から誘ってもいいんです。「この子、肉食系かな?」って思われてもいいじゃないですか。

 

デートをしたことがきっかけで、彼と付き合う事ができたら「あの時はあなたがはっきりしないから私から誘ったんだよ!」って言ってやればいいんです。

 

近い将来、彼とそんなやり取りをするための第一歩。

 

だからこそ、恥ずかしさなどのネガティブな感情は無理矢理にでも抑え込み、乗り越える価値があるのです。

 

ここまで読んで勘違いしている方もいるかもしれないので捕捉します。

 

 

あなたに「当たって砕けろ!」と言っているわけではありません。

 

 

オッケーをもらい易い「上手なデートの誘い方」をしっかり身に付けて、順序良くスムーズにデートに誘う事が目的。

 

2人の時間を作らなければ何も始まりませんからね。

 

 

「わたしはモテないから…。」

 

 

そんな心配をするのは今日で終わりにしましょう。

 

もちろん、気になる彼が初めからあなたの事を好きでいてくれたらそれ程簡単な事はありません。

 

でも、なかなかそうもいきませんし、彼の気持ちなんてわかりません。

 

ただ、あなたが上手なデートの誘い方をして彼とデートをすることができれば、結果的に周りから見たあなたは「モテる女」になっています。

 

デートに誘ったのは男性か女性か。

 

 

そんなことは関係ありません。

 

 

みんなから羨ましがられる存在になりましょう。

 

いつも誰かとデートをしている友達っていませんか?

 

その子はきっと、デートをする状況に持っていくのが上手なんです。

 

あなたが知らない方法を知っているだけです。

 

まずはネガティブな感情を乗り越える事から始め、それから上手なデートの誘い方を身に付けていきましょう。

 

 

今日で「他の女性に負けるパターン」とはさよならです!

 

 

では、この後いよいよ彼とのデートを実現させるためのテクニックをご紹介していきます。


2.相手から誘わせるテクニック

女性からのデートの誘い方

 

「デートはやっぱり男性から誘って欲しい!」って思いますよね。

 

まだ自分から積極的に男性をデートに誘う事ができない女性のためのテクニックをご紹介していきます。

 

そのテクニックとは、あなたから男性をデートに誘うのではなく、彼の方から誘ってもらうように意図的に仕組むテクニックです。

 

 

つまり、誘わせるんです。

 

 

このテクニックを身に付けることができれば、あなたの気持ちはずっと楽になるはず。

 

このテクニックをご紹介する前に覚えておいて欲しいことがあります。

 

 

男性は、女性をデートに誘って断られるのを非常に恐れています。

 

 

プライドも傷つきますし、その女性とも気まずくなってしまうのではないかとビクビクしながらタイミングを常に探っているのです。

 

最近では草食男子も急増していますし、女性をデートに誘いたくてもなかなか誘う事ができない男性が増えているのが現状。

 

女性が「誘って欲しいな…」と思っていても、男性も同じように「誘ってくれたら楽なんだけどな…」なんて思っている可能性があります。

 

では、そんな男性からデートに誘わせるには一体どうしたら良いと思いますか?

 

それには答えがあります。

 

 

誘いやすい状況を作ってあげる

 

あなたのことを「デートに誘いやすい状況」を作ってあげれば良いのです。これが最大の極意と言って良いでしょう。簡単です。

 

先程も言いましたが、

 

男性は断られることを非常に恐れています。

 

その男性が持っている不安を払拭してあげるイメージです。

 

 

「この子をデートに誘っても断られる心配は無さそうだ」

 

 

こんな風に思ってもらえれば良いだけなんです。

 

では、どうすればこんな風に思ってもらえるのでしょうか。

 

  • 適度なボディタッチをする
  • あだ名や名前で呼ぶ
  • 明るく楽しそうに話す

 

これら3つが最も効果の高い方法です。

 

これらの方法で親近感を与えることが出来ます。

 

適度なボディタッチは、会話の最中に軽く背中や肩、腕、ひじなどをポンと叩いてみたりする程度で良いでしょう。

 

リアクションに絡めて軽くボディタッチをする事で、男子の心に火が付きます。時には横にピタッとくっついて座ってみるのも良いでしょう。

 

ただし、一瞬でいいんです。

 

 

「もう終わり!?」

 

 

と思わせるくらいが最も効果的。

 

ベタベタし過ぎは良くありませんが、基本的にボディタッチを嫌がる男性はいません。

 

しかし、ボディタッチを連発すると「軽い女」であると思われてしまう可能性もありますので注意が必要。

 

あくまで「適度に少しだけ」を心がけましょう。

 

また、親近感をさらに増すためには「あだ名」で呼んであげるのも良いでしょう。

 

苗字で呼んでいたらいつまで経っても親近感が湧いてこないかもしれません。

 

あだ名や名前で呼ぶことで、もっともっと仲良くなれる気がしませんか?

 

そして、何より大切にしたいことは

 

「明るく楽しそうに話す」

 

ということ。

 

あなたがガチガチに緊張した空気感を漂わせていたり、素気ない態度をとってしまうと、その場が重い空気になってしまいます。

 

そうなってしまうと、彼もあなたと上手に話す事ができませんし、デートに誘う気すら起きません。

 

あなたが笑顔で楽しそうに、そして嬉しそうに話している姿を彼に見せることができれば、彼も笑顔になりますし、「この子とデートしたい」と思ってもらえる可能性も格段に上がっていきます。

 

これらの方法をうまく利用し、親近感を増していけばいくほど、彼はあなたをデートに誘いやすくなります。

 

 

「この子は誘っても断らないかも」

 

 

と思ってもらうことが大切。

 

彼とまだ仲良く会話ができない人は、これらの方法を特に意識して取り入れ、仲良くなることから始めましょう。

 

 

「わたしは1人だよ」アピール

 

彼の方からデートに誘い易くするためのもう一つのテクニックをご紹介します。

 

あなたが独り者であることをアピールする方法です。

 

「この子、彼氏いそう」と思われてしまったら、きっとデートには誘ってくれないことでしょう。

 

別に「彼氏募集中なんだー」とか、「彼氏欲しいなー」なんて言う必要はありません。

 

 

むしろそれは逆効果です。

 

 

男好きだと思われかねません。自然に遠回しに伝えるのがコツです。

 

そこで、上手く彼氏がいないことを伝えつつ、デートにも誘ってもらい易くなる会話術をご紹介します。

 

会話の例をいくつか記載しますので、是非参考にしてみてください。

 

※あなたを「自分」、気になる男性を「男性」として表現

 

 

【例1】

 

自分「新しくできたあのカフェ知ってる?」

男性「知ってるよ!行ったことは無いけど。」

 

自分「そうなんだー。オシャレそうだし行ってみたいなー。」

男性「そうだねー。」

 

自分「でも一人で行くのはちょっとねー。時間はあるんだけど…」

男性「確かにね。俺も一人だとちょっと行きづらいかな。一緒に行く!?」

 

自分「えー!いいよ!行くー!」

男性「いいねー!いつがいい?」

 

 

【例2】

 

自分「あのラーメン屋さんおいしそうだよねー。」

男性「俺もまだ行ったことないよ。」

 

自分「そうなんだー。わたしも時間はあるんだけど一人だとラーメン屋さんって入りづらいんだよね…」

男性「確かに一人はね…。」

 

自分「うん。最近機会が無くてさー。時間だけはあるのになー。新装開店のキャンペーンも終わっちゃうしー。」

男性「キャンペーン終わっちゃうの!?じゃぁその前に一緒に行こうよ!」

 

自分「えー!いいよ!行くー!」

男性「いいねー!俺とでいいの?」

 

自分「もちろん!」

男性「良かった!いつがいい?」

 

 

会話の途中で、あなたには彼氏がいないことを相手に伝える事ができていますね。

 

「時間はあるのにいつも1人」という様子が伺えます。

 

さらに、いつも1人だから何もできない様子も表現できていますね。

 

 

この会話の中で、彼は「この子は彼氏がいなくて1人なんだ」と認識します。

 

 

さらに、この例では「キャンペーンが終わっちゃう」というセリフもありますよね。

 

期限付きのトークを展開することで「この子とデートをするチャンスは今しかない」と思わせることができます。

 

このようなセリフで少しくらい急かして誘わせるくらいが丁度良いのかもしれません。

 

また、このような流れであれば、彼もあなたに「デートをしよう」とストレートに言う必要がありません。

 

カフェに行くとかラーメンを食べに行くといった目的があるだけで、「デート」という恥ずかしいワードを出す必要が無いんです。

 

たったそれだけのことでもハードルは下がります。

 

 

ちなみに、彼に「デートしよう」と言わせることがゴールではありません。

 

 

学校や職場以外で2人だけの時間を作ることが一番の目的。

 

ラーメンを一緒に食べに行く約束ができれば、それはデートが成立した事と同じことなんですね。

 

ラーメンを食べた後は、映画鑑賞に発展しても良いですし、夜はついでにディナーを楽しむのも良いでしょう。

 

とにかく2人だけの時間を作ることができるように誘導することを意識します。

 

2人きりで話す機会が無ければ親密になれませんし、進展もせず、距離も縮まりません。

 

まずはここからです。

 

上記のような会話を展開する際は、多少わざとらしくても良いでしょう。

 

 

「俺の事狙ってるのかな?」

 

 

と思わせるくらいが丁度良いかもしれません。

 

とにかく、彼から「一緒に行く?」とか「一緒に行こうよ!」といった言葉を言ってもらえるように会話の内容を考えてみましょう。

 

もしかしたら「軽い女だと思われてしまうのでは…?」と思った方もいるかもしれません。

 

しかし、自分に好意を持ってもらって嫌な気がする男性は殆どいません。

 

むしろ、ちょっとドキドキさせることができますし、「この子とは付き合えるかも」といったことを想像させることができます。

 

デメリットよりもメリットの方が多いはずです。

 

 

軽い女だと思われないようにする手段だってちゃんとあります。

 

 

他の男性と話す時と、デートに誘いたい男性と話す時の態度に変化を付けていけば問題ありません。

 

「別に俺じゃなくても良くね?」と思われないように注意すれば、デートに誘ってもらえる可能性は非常に高くなるでしょう。


3.頼み事を利用して誘う

女性からのデートの誘い方

 

ここでもう一つ、女性からデートに誘う場合の上手な誘い方をご紹介します。

 

それは、頼みごとを利用して男性をデートに誘う方法。

 

 

まずここで、全ての男性に共通する「ある習性」を覚えておきましょう。

 

 

男性は、女性から頼られると嬉しく感じる生き物です。

 

例えばあなたが仕事中にとても重い荷物を運ばなければならない場面に遭遇したとします。

 

すると、近くにいる男性がきっとあなたの代わりにその荷物を簡単に持ち上げて運んでくれることでしょう。

 

その時に

 

 

「あんなに重い荷物なのにすごーい!さすが男子だね!ありがとう!やっぱり頼りになるなー!男らしいよ!」

 

 

などと言ってあげれば、男子はきっと笑顔になりますし、気分も良くなるはずです。

 

男性は誰しもヒーロー願望を持っています。

 

誰かの力になり、感謝されることを好む生き物なんですね。

 

だからあなたが「また何かあった時は助けてね?」といった事を言えば「任せとけ!」というスタンスになるわけです。

 

前置きが長くなりましたが、ここでご紹介する、女性からのデートの誘い方は、誰かを助けて「すごい!」と感謝されると気分が良くなる男性の習性を利用する方法です。

 

 

つまり、気になる男性に頼み事をしつつデートに誘う方法。

 

 

もちろん前項目と同じようにここでも「デート」というワードは使いません。

 

あくまで、頼み事を利用して二人の時間を作る方法です。

 

どんな頼みごとでも構いませんが、女性から頼み事を絡めてデートに誘う際の簡単な例を以下にご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

 

  1. 「1人だと心細いから一緒に来て欲しい」
  2. 「教えてもらいたいことがあるから一緒に来てほしい」
  3. 「1人だと出来ない事があるから一緒に手伝って欲しい」
  4. 「一緒にプレゼント選びをして欲しい」
  5. 「練習に付き合って教えて欲しい」
  6. 「家電製品を一緒に選んで欲しい」
  7. 「お礼をさせて欲しい」

 

2人の時間を作るためのきっかけとして、頼み事を絡めてデートに誘います。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

1番目の

 

「1人だと心細いから一緒に来て欲しい」は、

 

あなたが初めて行く場所などに一緒に来て欲しいとお願いしながらデートに誘うパターンです。

 

また、予め映画のチケットを2枚用意して、一緒に行く人がいないことを伝えるのも良いでしょう。

 

「映画って一人で観るのはちょっと苦手」などと伝えてみるのもオススメ。

 

 

2番目の

 

「教えて欲しいことがあるから一緒に来てほしい」は、

 

例えば彼の趣味が車だったとすれば、車の部品やアクセサリー選びをするという予定を無理矢理作って誘うパターン。

 

彼の趣味や得意なことに関するお願いならきっと乗り気になってくれるはずです。

 

 

3番目の

 

「1人だと出来ない事があるから一緒に手伝って欲しい」は、

 

例えば大きな物を運んだり、重い荷物を運ぶから手伝って欲しいとお願いするパターンです。

 

ちょっと嫌な顔をされてしまう可能性はありますが、「あなたしか頼れない」という気持ちが伝われば男性も嬉しく感じることがあるんです。

 

 

4番目の

 

「一緒にプレゼント選びをして欲しい」は、

 

例えば友人の送別会や誕生日のプレゼントを探しに行く予定がある時に、「男物を選ばなくてはならないし、あなたはセンスが良いから」といった理由でお願いするパターン。

 

センスを褒められて喜ばない男性はいません。

 

 

5番目の

 

「練習に付き合って教えて欲しい」は、

 

例えば彼がバンドなどの音楽が趣味である場合、密かに真似をして楽器を教えてもらったりするために誘うパターンです。

 

ビリヤードでもボーリングでも、彼が得意そうなことをあらかじめリサーチしておくと良いでしょう。

 

きっと優しく教えてくれるはず。

 

ここまで来ると、もうお気付きの方もいらっしゃるとは思いますが、頼み事をする時は彼の趣味や好きなファッション、そして何が得意で何が苦手かなどを事前にリサーチしておくことが大切なのかがわかると思います。

 

日頃から彼をリサーチしておきましょう。

 

 

6番目の

 

「家電製品を一緒に選んで欲しい」は、

 

機械にあまり強くない女子を演じつつ、一緒に家電量販店に行くパターンです。

 

男性は基本的には女性よりは機械に強いはずですし、力になってくれるはず。

 

機械音痴の男性が相手の場合は、違う項目を参考にしてください。

 

 

7番目の

 

「お礼をさせて欲しい」は、

 

何かのお礼をするパターン。

 

「あの時重い物運んでくれたお礼にご飯ご馳走するよ」といった具合にデートに誘い出す事ができます。

 

お礼をされて嫌がる男性も殆どいないと思って良いでしょう。

 

 

このように、頼みごとを絡めた誘い方を考えていけば、いくらでも女性からデートに誘い出す方法はあるんです。

 

また、ここで同時に一つ意識しておきたいことがあります。

 

先程も記述しましたが、女性から男性をデートに誘う場合は

 

 

「この子とデートをするチャンスは今しかない」

 

 

と思わせることが大切。

 

頼み事をして「いいよ!」と言ってくれたら、あなたの方で日にちを指定してしまうくらいが丁度良いかもしれません。

 

そこでどうしても彼から「その日だけはダメなんだ」と言われてしまったら、「そしたらいつなら大丈夫?」と、どんどん聞いていきましょう。

 

具体的な予定を立てずに「今度空いてる時でいいよー!」なんて曖昧な状態にしておくと話が流れてしまう可能性が高くなりますので、可能な限り近々で予定を組んでいくことをオススメします。

 

 

「この子の誘いを今断ってしまったらもうデートをする機会は無いかも…」

 

 

と思わせられるように。

 

そして、「俺に任せろ!」とか「俺で良ければ力になるよ」と思ってもらえるように、上手に頼み事をしてデートに誘いましょう!

 

次の項目で、更に成功率をアップさせるための極意と心得をご紹介していきます。


4.あなたのことを知ってもらおう

女性からのデートの誘い方

 

「自分のことを知ってもらう事」は女性からデートに誘う場合でも、男性に誘ってもらう場合でも、一番重要な事と言っても良いかもしれません。

 

一度考えてみてください。

 

彼はあなたのことをどれくらい知っていますか?

 

この質問は非常に大切なことですので頭に入れておきましょう。

 

ここで一旦逆のパターンを考えてみます。

 

もし、あなたが知らない、または話したこともない男性からデートに誘われたとしましょう。

 

デートに誘われる事自体は嬉しいかもしれませんが、きっとあなたは相手がどんなにイケメンだったとしても一旦断るはずです。

 

だって、どんな人なのかわかりませんからね。

 

これは極端な例でしたが、これと同じように、あなたのことを全然知らない男性は、あなたからデートに誘われても断る可能性の方が大きいのです。

 

つまり、誘ってもらえる可能性も低くなりますよね。

 

 

「いやいや、前から知ってる人だから大丈夫だよ!知らない人じゃないもん!」

 

 

…って思いましたか?

 

そうですね。

 

全く知らない人を好きになるケースは稀ですし、あなたがデートをしたいと思っている男性は、きっと同じクラスメートであったり、職場が同じであったりと、割と近い存在であると思います。

 

しかし、彼はあなたのことをどれくらい知っているでしょうか?

 

あなたの趣味や熱中していること、そして好きな食べ物やファッション、好きなお店や興味のあること、そしてあなたが行ってみたいところや将来の夢など…どれくらい知っているでしょうか?

 

男性は、女性をデートに誘う前に「どんなデートなら楽しんでもらえるか」とか、「退屈な思いはさせたくない」と考えるものです。

 

つまり、デートプランを立てるうえで、あなたのある程度の情報は必要不可欠なんです。

 

先程、誘ってもらうためにはどうしたら良いかという項目がありましたが、ここが一番重要なところ。

 

会話ができる仲であれば、どんどんあなた自身の事をアピールできるように会話を進めていきましょう。

 

一例をご紹介します。

 

  • 「自然に触れるのが好き」
  • 「将来はスチュワーデスになるのが夢!」
  • 「スカイツリーに上ってみたい!」
  • 「大きな観覧者に乗ってみたい!」
  • 「ショッピングが好き!」
  • 「カラオケが好き!」
  • 「久しぶりにボーリングがしたい!」

 

こんな言葉を会話に盛り込み、あなたが好きなことや興味のあることなどをもっともっと知ってもらいましょう。

 

彼はあなたのことを知れば知る程、あなたのことをデートに誘いやすくなりますし、あなたからデートに誘った時もOKし易くなるはずです。

 

それと同時に彼の事もたくさん聞き出します。

 

共感できる部分を可能な限り探しだし、彼の趣味などに沿ったデートの誘い方をするのも良いでしょう。

 

彼の得意分野や好きなことなどを、常にリサーチしておくことで、デートの誘い方のレパートリーを増やす事も出来ますよね。

 

「こんなデートならきっと彼(彼女)も楽しんでくれる!」といった自信も湧いてくるはずです。

 

好きなミュージシャンや休みの日の過ごし方など、どんどんリサーチしていくことをオススメします。

 

あなたのことをたくさん知ってもらう事のメリットは数え切れない程あるんです。


5.まとめ

女性からのデートの誘い方にも様々な方法があり、そして様々な考え方があることがわかりましたね。

 

ここでご紹介した内容を振り返ってみます。

 

  • 他の女性に負けるパターン
  • 相手から誘わせるテクニック
  • 頼み事を利用して誘う
  • あなたのことを知ってもらおう

 

まず大切なことは、

 

 

「女性からデートに誘うなんて恥ずかしい」

 

 

という感情で頭の中がいっぱいになってしまい、その間に他の女性に奪われてしまうパターンを避けることです。

 

確かに「デートは男性から誘うもの」といった風潮はありますが、実はそんなことはありません。

 

当たって砕けるのとは違い、良い意味で焦った方が良い時もあるはずです。

 

最近では、女性から男性をデートに誘う事はそんなに珍しい事ではなくなってきていますし、ここでご紹介した「上手なデートの誘い方」を身に付ければ良いだけのことなんです。

 

ただ単に「どうしようどうしよう」と無駄に時間をやり過ごすのではなく、順序良くスムーズにデートに誘う事ができるように考えていきましょう。

 

 

女性からデートに誘う場合、

 

あなたから「デートしよう」と言う必要は無く、男性から「デートしよう」と言ってもらえるように誘導することが出来ることもご紹介しました。

 

男性は基本的に、女性をデートに誘って断られるのを恐れています。

 

 

だからこそ、「断られる可能性は極めて低いんだ」と思ってもらえるようにすれば良いだけです。

 

 

まずは、あなたに彼氏がいなくて、いつも1人でいることをアピールすることが大切。

 

誘いやすい状況を作ってあげられるような会話術を身に付けていきましょう。

 

また、ストレートに「デートしよう!」と誘うのではなく、頼み事を絡めた誘い方があることもご紹介しました。

 

ある程度会話ができる仲であれば難易度の低いデートの誘い方です。

 

これは、

 

 

「頼りにしている感」

 

 

を上手に演出できれば成功します。

 

頼りにされると気分が良くなる男性の習性をうまく利用すれば良いだけなんです。

 

頼み事をするのと同時に

 

 

「今この子の誘いを断ってしまったらもうデートをする機会は無いかも…」

 

 

と思わせることができれば更に良いでしょう。

 

 

そして、彼の趣味や得意なことを事前にリサーチしつつ、あなたのことも知ってもらうことも大切だということもご紹介しました。

 

彼の事を何も知らない状態のままだと、彼が楽しめそうなデートプランを立てる事は出来ませんし、彼もあなたのことを知らなければ誘ってくれる可能性も低くなってしまう。

 

会話の中であなたの趣味や行ってみたい場所、そして好きな物などをどんどん伝えていきましょう。

 

お互いがお互いを知れば知るほど、デートに誘いやすく、そして誘われやすくもなります。

 

女性からデートに誘う場合、男性の心をくすぐるデートプランを用意出来るように作戦を練っていきましょう。

 

 

ここまでご紹介した内容は、あくまで序章にすぎません。

 

デートプランナーでは、まだまだ様々な女性からのデートの誘い方をご紹介しています。

 

メールでの上手な誘い方や、デートに誘うタイミングなどは是非参考にしていただきたい。

 

ここで記載した内容を頭に入れながら先に進むと、より具体的で上手なデートの誘い方ができるようになることでしょう。

 

もちろん突然電話で誘ったり、突然男子の大好きな子猫スタイルでおねだりするような誘い方をするのも効果的。

 

前振りの無い突然な誘い方はドラマチックですし、男性の好きな誘われパターンです。

 

ただ、彼があなたのことを何とも思っていない場合の効果は低いですし、もっと上手に1日中2人きりになれる誘い方はあるはずだとデートプランナーは考えています。

 

今後、あなたが素敵なデートの誘い方ができるようにデートプランナーは全力で応援していきます。

 

関連ページ

男性からのデートの誘い方
男性からデートに誘う時にどうすればいいのか?様々なデート、初デートであっても有効な方法をご紹介します。
メールでのデートの誘い方
デートの誘いをするのに直接も電話もなんだか恥ずかしいと思ってしまう方の為にメールでのデートの誘い方をご紹介致します。
相手を食事に誘う為のポイントと準備
意中の相手を確実に食事に誘う為の準備と大切なポイント、失敗しない誘い方を紹介しています。